ウェディングドレスのキャンセル時の注意点!

ウェディングドレスのキャンセル時の注意点! 結婚が決まると、両親の顔合わせをしたり、入籍をしたり、引越しをしたりと色々な事を同時進行で進めていかなければならずてんてこまいになってしまう夫婦もいます。
特に結婚式は一生に一度の大切な式ですから、準備については相当慎重になっている夫婦もいます。
ウェディングドレスのフィッティングや事前にメイクの打ち合わせ、お祝いに来てくれる方々の料理の事なども決めなくてはならないのでとても大忙しです。
もし結婚式場を変える事になってしまったら、レンタルするウェディングドレスもキャンセルしなくてはなりません。
キャンセルする時の注意点としては、出来るだけ早い段階で断る旨を連絡をするという事です。
直前まで断りの連絡を入れないでいると、別途料金が発生してしまう可能性も避けられません。
その為、出来れば一カ月前か二ヶ月前までには断りの連絡を入れるようにしましょう。
そうする事によってウェディングドレスのレンタルをしてくれる所も次の借りたい人へそのドレスを紹介する事が出来るからです。

ウェディングドレスを試着する際に必要な物は?

ウェディングドレスを試着する際に必要な物は? ウェディングドレスには様々な種類があるので、何着か試着して選ぶ人が多いと思います。
その時に必要な物や、あると便利な物を、3つ紹介します。
まず必須なのは、デジタルカメラです。
拡大して大きく見ることが出来ますし、高画質なのでドレスの細部まで綺麗に確認できます。
写真を撮る時は、正面からだけでなく、横や後ろ姿も撮っておきましょう。
バージンロードを歩く時は、横からの写真や後ろ姿を撮影される機会も多いです。
特に後ろ姿は、ベールも試着して、長さや広がりを確認しましょう。
次に、ウェディングドレスの下着、いわゆるブライダルインナーです。
試着の際はお店で借りることも可能ですが、自分の物を持参した方が、より自分の体型に合ったドレスを選ぶことができます。
最後は、メイク道具です。
ドレスによって似合うメイクも変わってきますし、結婚式の時はしっかりめにメイクをするので、イメージを掴むためにあると便利です。
特に、メイクにこだわりがある人は、必ず持参しましょう。
一生に一度のウェディングドレスなので、納得がいくまで試着して選びましょう。